現場内でCADを導入する際に気を付けるべきことは何?

現場内でCADを導入する際に気を付けるべきことは何?


若手のエンジニアも扱いやすいソフトを選ぼう

CADは、製図の効率をアップしたり、様々な製品を立地的に捉えたりするうえで欠かせないツールのひとつとして重宝されています。そうした中、オフィス内にCADのシステムを導入したい場合には、若手の経験が浅いエンジニアもなるべく扱いやすいソフトを選択することが大切です。最近では、CADに関する専門知識がない人も、簡単に製図ができる業務用のソフトが続々と登場しているため、早いうちから各メーカーのソフトの性能や操作性について調べることがおすすめです。なお、ソフトによって操作の難易度にバラつきがあるため、必要に応じてメーカーにサンプル品を提供してもらったり、法人向けの窓口に質問をしたりすることも大事です。

個々のエンジニアのスキルに応じて研修を実施しよう

一人ひとりのエンジニアがCADのソフトを使いこなせるようにするには、長期にわたり個々のエンジニアのスキルに応じて業務研修を実施することが重要です。特に、デザインや設計などを専門に担当する部署においては、エンジニアが自立的に業務に取り組めるように、研修のテーマや期間、カリキュラムなどに工夫をすることがポイントです。また、ベテランのエンジニアが新人に対して仕事上でフォローを行ったり、終業時間や休日を使って自分でCADの学習に取り組めるような環境を整えたりすることも大切です。その他、CADに関する実務研修を成功させるうえで、情報処理やデザインに詳しい外部講師を探したり、検定や資格の取得など目標を立てられるようにしたりすることも有効です。

CADとは設計や製図が出来るソフトの総称です。つまり、電気CADは電気設計をサポートする機能に優れたCADということになります。

Related Posts

工事現場で働く人達が実行している熱中症対策

工事現場で働く人達が実行している熱中症対策

何を重視したらいい?フランチャイズ事業を始める流れと注意点

何を重視したらいい?フランチャイズ事業を始める流れと注意点

LEDのメリットはコストパフォーマンスの良さです!

LEDのメリットはコストパフォーマンスの良さです!

フランチャイズでブームになっている?買取専門店について紹介

フランチャイズでブームになっている?買取専門店について紹介